もしものときのための妊娠

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を下げてくれるという意味では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大切な期間という訳です。なのでお腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。

いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。基礎体温でタイミングを見計らっても、出来ない時は出来ないのだと感じました。親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、このままだったらどうしようと落ち込みました。検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。排卵誘発剤の服用を始めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。

妊娠を希望する方や計画している方が、影響があるものと言えば、食事ですよね。妊活をしている方ならば、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。ですから、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から赤ちゃんを授かっているのです。妊娠は授かり物です。実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を始めている方は、なるべく早めに十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にとってもママにとっても適切な妊活だと言えますね。

妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えて葉酸を補給することを厚生労働省が通知を出しています。
孕ませ合法化
なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることが大切なポイントだと言えますね。